焼きサンマの食べ方に戸惑い、飛行機への憧れを栃木なまりでかたる。「天才」と呼ばれたそふと開発者のそんな素顔も描いた。彼を弁護士無罪を得るまでの長い道のりをまとめ、4月に出版した。
 大阪の下町で育った。町工場を営む父を手伝い、高校生の時には研磨加工や機械制御のプログラムも覚えた。
 大阪大在学中、「俺の技術は最高やむと自慢する父が開発した特許技術の譲渡をめぐり、大手企業ともめた。法律知識もなく特許を奪われた、と父の口数が減った。「技術者を守る弁護士になろう」。司法試験に5度目で合格した。
 弁護士4年目の2004年春。自ら買って出て、警察署でぼさぼさ髪の男に接見した。開発したファイル共有ソフトが映画や音楽の違法コピーに使われ、犯罪を助長した容疑で逮捕された。
 ソフトの話を向けると表情を緩めた。個人用だつたこと、プログラミングへのすざましい探求心を語りだした。油の臭いが染みついた作業着姿の父が重なった。「真の技術者を犯罪者にしてはしけない」。弁護団事務局長を務めた。だが最高裁で無罪確定から1年7カ月後、彼は42歳で急死した。
 その名をソフトと共に本に刻んだ、「Winny 天才ブプログラマー金子勇との7年半」。7回目の命日を迎える今月、故郷の丘に立つ墓前に供える。
  文・米田優人 写真・柴田悠貫
 ホー先生 最近よく聞く「敵基地攻撃力」ってなんじゃ?
 A 弾道ミサイルの発射拠点といった敵の基地を直接攻撃する能力のことだ   
  陸上イージス撤回で、首相が新たな保安戦略に言及した
 ホ それは健保に違反するのではないか?
 A 歴代内閣は健保違反ではないとの立場だ。1956年に鳩山一郎内閣は、「座して自滅を待つべしというのが健保の趣旨とは考
 えられない」として、他に手段がない場合に限って、「法律的には自衛の範囲に含まれる」と説明した。この見解を歴代内閣が引き継いでいる。
 ホ じやあ日本も敵の基地を攻撃できるの?
 A 実際はそうはなつていない。日本は守りに徹して、敵基地は米国に頼ることになっている。ただ、自民党は2017年に北朝鮮の脅威が高まっているとして、政府に敵基地攻撃能力を持つことについて検討するよう提言した。
 ホ どうして今、議論になっているんじゃ?
 A きっかけは、北朝鮮の弾道ミサイルを陸上から撃ち落とす「イージス・アショア」だよ。政府は技術的な問題で秋田と山口に配備するのをやめたんだ
 ホ それがどう関係している
  A 安倍晋三首相は6月18日の記者会見で配備をやめることを説明した上で「防衛に空白はあつてはならない」としてね安全保障戦略について新しい方向性を打ち出すと表明した。敵基地攻撃についても聞かれて「新たな議論をしていきたい」と答えたんだ。
 ホ ホホウ。これからの議論はどうなるんじゃ?
 A 敵基地攻撃ができる能力を持つことは、戦後日本の安全保障を大きく変えることになる。地域の緊張を高めることもなりかねない。連立与党の公明党も慎重で、簡単に進むとは言えないね。
        (寺本太蔵)
2020(令和2)7/8  ひと&わかる 朝日新聞朝刊