No1 NO2  No3   No4 No5  No6  No7&No8  No9&NO10  NO11 &No12 No13&No14 
  大阪府和泉市の宮ノ上公園。高さ約10メートル。幅100メートルの赤壁で、刀を手にした男がにらみをきかせている。現代風のこの絵は、東州斉写楽の浮世絵「二世坂東三津五郎の石井源蔵」をもとにイラストレーターの奈路道程さんが描いてもの。壁に沿って歩くと、モネの睡蓮や、歌川国芳、葛飾北斎の作品をもとにした絵などが次々現れる。これらは、公園から徒歩7分の同市久保惣記念
 赤壁の「男」視線の先には・・・
 
 美術館の収蔵品をもとに関西ゆかりのクリエーターが描いた絵を街中に飾るプロジェクト「アートガッシュ」の作品群だ。
 作品は30点。和泉中央駅から同館までの約2キロの道中にある宮ノ上公園や大学校舎などで見られる。北斎さながらの大波の中で鯨と人間が格闘していたり、大相撲興行図にロボット力士が登場したり、原作にはないモチーフも描かれる。階段や橋の裏など思わぬ
場所にも絵が現れる。冒頭の「石井源蔵」の視線の先を追うとたたずむ美人の絵が。怖い顔して見とれていたのか、と街中ならではの仕掛けも楽しめる。同館学芸員の上仁里恵子さんは「もとはどんな絵だろう? なぜここにあるの? なとし想像して発見する面白さがある」と話す。
 地元の子どもたちと館収蔵の中国工芸品をモチーフに作品ら描いた市内在住の作家・小宮さえこさん。設置場所のトンネルに落書きが多いとの指摘を受け、融資と作品周辺の清掃活動を始めた。館から飛び出したアートは市民が街に関心を抱くきっかけにもなったようだ。
       (井上優子)
 
 大漁旗なびかせ「漁あれ」
 きらめく佐伯湾を、祭り船が波を立てて悠然と走る。大分県佐伯氏の玄関口、佐伯インター近くにある消防署の壁画だ七色の大漁旗が鮮やかににためき、内陸の子の場所にも「潮風」を運ぶ。
 縦13×横26メートルの壁画に描かれるのは、毎年9月にある八幡地区の祭りで豊漁を願い巡航する「ジョーヤラ船」。ジョーヤラは、「漁あれ」がなまったといわれている。船上で踊る中学生を指導する上杉和弘さん(64)は、「祭りに欠かせない目玉。満艦きらめく旗の船が行く様は、非常にいい光景です」。
 壁画の作者は、八幡地区出身の美術家・佐倉康之さん(51)。市内の保育施設の壁画を始め、市民参加型のアート活動を行ってきた。昨年秋に県内で開催された国民文化祭の事業として、市が制作を依頼。製作期間の約1カ月間に、市民のべ250人が参加した。壁にはトレースした佐倉さんの下絵に、番号で分けた約140の色を指定通りに塗り、子どもたちが板に描いた海の生き物を切り抜いて「乗船」させた。暑さの厳しい
 晩夏の作業だったが、連日参加したという女性たちは「色彩鮮度」。「また市内にい壁はない?」と笑い合う。
 さくらさんがこだわるのは「色彩鮮度」。「色が新鮮でないと感動が伝わらない」と話す。ペンキが退色する数年間後には。作品を描き替える計画だという。今年は14日に、ジョーヤラ船が出航する
     (中村さやか)

 《アクセス》佐伯駅から車で約10分
 (令和元年)2019.9.8日(日)  朝日新聞夕刊