No1 NO2  No3   No4 No5  No6  No7&No8  No9&NO10  NO11 &No12   
タイトルの「トルク」は「回転する力」を意味する。写真の反対側にも座れる。幅約4×高さ1.5メートル=横関一裕撮影    
造船所の貨車 座れる彫刻
  スーツ姿のサラリーマンや、商業施設に向かう家族が行き交う東京のウォーターフロント、豊洲、オフィスビル「豊洲フォレシア」前で、今にも前に進みそうな車輪がついたカラフルな物体を見つけた。実はこれ、ベンチなのだ。「家具作家ではなく芸術家が作るからには、『これ座っていいの?』という『違和感』を感じてほしくて」と、作者で現代美術家の中村哲也さん(51)。
 豊洲2・3丁目は1920年代初冬から30年代初頭にかけ、隅田川河口を埋め立てて誕生。39年に東京石川造船所(現IHI)が工場を新設したのを機に、造船業やエネルギー産業の工業地帯として発展。2002年に造船所は閉鎖されたが、歴史を後世に伝えようと豊洲2・3丁目地区まちづくら協議会主導で、産業遺構を使ったアートなど全57点が各所に配置された。その中の一つが14年制作の本作だ。「なぜ車輪?という疑問から、豊洲の歴史をたどってもらえたら」と中村さん、
 車輪とレールは、かつてこの地を走っていた貨車の部品。米国で1930年代に流行したカスタムカー(ホツトロッド)で多用された彩色法を参考にした。子どもに好まれる赤、黄色を使ったという。
 撮影時はあいにくの雨。よくこのベンチで一休みするという元中学生は「ぬれてて座れないや」と残念そうに梅雨空を見上げていた。
      (下島智子)
 (アクセス)豊洲駅から徒歩5分
長さ106×幅36メートル 愛知県芸術センターの展望回廊から見下ろせる=松谷常弘撮影
 
地上14メートルの水辺を空中散歩
 大勢の人が行き交う名古屋市営地下鉄の主要駅・栄駅。地下道を進み東改札口に出ると、突然上空が開け、巨大な楕円形が浮かび上がった。立体形公演「オアシス21」の屋上階にあたる。ガラスでできた水張りの大屋根だ。生命の水をイメージし、「水の宇宙船」と名付けられている。
 オアシス21は、市の旧栄公園再整備により。2000年に誕生した。デザインを手がけた大林組の1級建築士、葛西秀樹さん(52)。コンペに出された6案の中から採用された。地下に広場や商業施設、1階にバスターミナルを併設する一大プロジェクトだったという。「快適に過ごせる空中回廊を造り、人の巡りを良くしたかった」と葛西さんは話す。
 空中回廊とは、屋上階の水面を囲む通路のこと。栄の街を一望しながら、地上14メートルの空中散歩が楽しめる。斬新な外観だが、コストは抑えられていて、エコな仕様にもなつている。宇宙船は高架水槽の役割も担い、施設内のトイレに給水しているため、無駄がない。
   「アイデアてんこ盛りでお値打ちなところが名古屋らしい、とよく言われました」と葛西さん。
 夕暮れ時、地元の人々や観光客が涼みに訪れていた。札幌市から友人に会いに来ていた20代の女性は、「空に浮かぶ湖みたい」と夢中で撮影していた。夜のライトアップを目当てに訪れる外国人旅行客もおい。昼夜問わず訪れる人が巡り続ける、名古屋のランドマークになつている。
        (星亜紗)
 
 (令和元年)2019.7.16日(火)  朝日新聞夕刊