Part1 新潟県佐渡市   新潟県佐渡市 甲府市  段ボールSL  フルーツバス停   
  甲府駅の雑踏を抜けると、構内の一角に直径1.2メートルの輝く球体が現れた。朝日を浴びてきらめくのは6千個を超す水晶片。宝石のまち・甲府市をアピールしようと、2010年に設置されたモニュメントだ。
 経済産業省の工業統計調査によると、山梨県の17年の貴金属・宝石性身具出荷額は全国の19%を占める。同市には宝飾店が立ち並び、日本で唯一の公立のジュエリー専門学
 校もある。
 本作の制作が官民共同事業として決まったのは07年のこと。翌年、山梨経済同友会が中心になり、水晶宝飾連合会(現・県水晶宝飾協同組合)などと「輝きのスポーツを創る会」を発足させた。制作費き約4千人と300超の企業からの協賛金を充てた。
 デザイン、設計は佐野建築研究所の志村浩男さん(65)が担当。制作には県内約30
 32面体水晶を磨いた職人技
 
人の研磨職人が努力した。水晶を直径1.5センチ。32面体のピースにそろえて磨き上げ、上からつるしたステンレスワイヤーに通していく。日中の仕事を終えた職人たちが夜間集まり、1カ月半かけて完成した。半分ほどできたところで、工事業者がよろけて約3千本のワイヤーが絡まるハプニングも、全ての水晶を取り除き、やり直した。リーダーとして連日通った深澤陽一さん(52)は、「みんなボランティアで、熱意で作り上げた。楽しかったね」と振り返る。 作品は15分ごとに数分間LEDライトで照らされる。周囲のベンチで休んでいた人たちが光の演出を眺めていた。(小森風美)
 コンビニは増え続け、全国で5万5千店を超える。
 郵便局の2倍以上だ。全体の9割ほどを占める大手3社は、一定の地域に大量に店を出す「ドミナント戦略」を各地で重ねてきたが、ここに来て見直し始めた、なぜなのか。
 セブン-イレブン・ジャパンは1号店を1974年に出しい以来、拡大路線をひた走った。国内て最も多い約2万1千店を構える。
 そのセブンを筆頭に3社がとつてきた戦略は「支配的な」を意味する「ドミナント」。限られた地域に一気に出点して、シェアを握る。商品発送などの効率を引き上げてきた。
 ことし、提起を迎えた。親会社セブン&アイ・ホールディングスの井坂隆一社長は5月、「量を追い上げるのではなく、質を追求した出店を徹底する」と発言した。10月には今後1年
半のうちに約1千店のセブンを閉鎖、または移転させると発表した。
 2位の約1万6千店を構えるファミリーマートも出店を絞り、量より質を追う方針を示した。3位で約1万4千店のローソンも大量出店を見直し、今年度の増減はゼロになるとの見通しを明らかにした。
 各社は、新たな出店よりも既存店支援に資金を振り向けるという。
 背景には「空白地」の減少と競争の激化がある。
 コンビニ各社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会によると、国内のコンビニの数は、この15年間で1.4倍になった。今夏には、セブンが「最後の空白県」だつた沖縄に出店。大手3社はいずれも47都道府県すべてに店を構えた。
 コンビニ以外との競争も厳しい。
 トラックストアや小型スーパ
 ―の出店攻撃を受け、ネット通販も普及した。客の奪い合いは激しくなり、コンビニ1店あたり売上高は、すでに頭打ちになっていた。
 コンビニ各社の本部は店主から受け取る加盟店料で稼ぐ、店を増えせば、加盟店料も増えやすい。しかし、店主にとっては、近くの同じチェーンのコンビニができれば、客もアルバイトも奪い合いになる。
 人件費の上昇と店主の過酷な労働環境が社会問題となり、ついに出店戦略の見直しを迫られる。
 ある店主はっ「近くに店ができれば売り上げは大幅に減り、大きなダメージになる。多くの加盟店が経験してきたが、なかなか表に出てこなかった」と話す。
 国内のコンビニは飽和を迎えたのか、10月の記者会見で、経営トップの見方は分かれた。
 ファミマの沢田貴司社長は「市場は飽和している。ドラッグストアや同業との競合状態がかなり激しくなっている」と語った。
 これに対し、セブン&アイの井坂氏は「踊り場」との認識だ。「飽和というのはないと私はまだ思っている」。スーパーや百貨店などグループ内のほかの業態との連携を強め、「成長の余地をしっかりと確保していきたい」という。
        (土居新平)
 (令和元年)2019.11.27日(木)  朝日新聞夕刊