No1 郡山市立美術館  備前長船刀剣博物館  妖怪の意匠  パナソニック汐留美術館  日本カメラ博物館   
 
今も昔も変わらない仕組み
  

  第2次世界大戦後、国内の光学会社の多くはカメラメーカーに転じ、製品は復興資金源として海外へ輸出されるようになりました。1954年、カメラの品質を保つために設立された検査機関が当館の前身です。当館は写真・映像文化を支える博物館として89年に開館。国内外のカメラ1万点以上を所蔵しています。
 1839年、世界で最初に市販されたのが仏ジルー商会の「ジルー・ダケオタイプ・カメラ」。銀メッキした銅板を感光材料として使い、B5版ほどの銀板写真が撮影できる企画的な写真術でした。箱の中には箱があり、ひきだしのように前後させてピンと合わせま
 す。レンズにフタがついており、開閉で入れます。露光時間は転機によりますが、数十分かかったとされ、静止しているものしか写りませんでした。実はカメラそのものの仕組みは、昔も今も変わりません。
 日本にカメラが導入されたのは48年、日本人が日本人を撮影した最古の写真は薩摩藩主・島津斉彬の肖像(57年)だと言われていますが、日本人が被写体になった。より古い写真の一つは、51年ごろの銀板写真「利七像」と考えられています。利七は、江戸から摂津に向かう「栄力丸」に乗船していた17人のうちの1人でした。船は嵐に遭い漂流いますが、米国籍の船に助けられて同国に上陸します。その際に日本人の家禄として、米国人が撮影しました。
    (聞き手・渋谷唯子)
 令和2年(2020.5.31)    朝日新聞夕刊より