絵 有野晋哉
最期まで芸人のままで!?
 道頓堀角座で”手紙の鎹”が終わりました。松竹芸能の後輩に「芸人やっているわ訳」を手紙でもらう。その手紙を元に僕と話をする深みもあるイベントでした。中でも面白かったのが、ベテラン三吾師匠のの相方からの手紙でした。僕が生まれる前から漫才師、浮世亭三吾・十吾であり、現在は三吾・美ユルという実娘が相方の親子漫才師。その娘、美ユルちゃんから手紙を頂きました。芸人やっている訳、簡単でした。「父を芸人のまま死なせたい」。母がずっと言っている言葉だそうで、それを実行しているだけだと、ただ、最近は結婚したいし、子供も欲しい! 最初の目的はシンプルで良かったのに行くが重なると。「はよ死んだ」って意味みたい、もう美ユルちゃん(酒井くにゆ風」!!
有野普哉さん(左)と濱口優さん(右)のお笑いコンビ「よゐこ」川柳コーナーです。投稿メールはメール(kidosen@asahi.com)
川柳1句・ペンネーム(希望者のみ6字以内)・氏名・住所・電場番号の順に記して送信を。
「金賞」5千円、「銀賞」3千円、「銅賞」2千円の商品券をご贈呈
デジタル版では、受賞全句への有野さんのコメントも「迷ったで賞」として惜しかった作品も紹介します。ふるってご参加ください。
投稿作品の著作権は朝日新聞社に帰属します。