バンデットQ ブリキの太鼓  「孔雀王」               
  金子富之さん  (日本画家) 
「孔雀王」 (1988年)
 希望もらった密教の世界観   ←予告編見れます 
 
 
 希望を頂いた映画です。大人の世界に魅力を感じられず、どうやって生きるか悩んでいた10歳ごろに見て、こんな面白い世界観があるのかと。子どもを楽しませるために大人が本気で作っている感じが伝わって、未来への可能性を感じました。
 チベットの仏塔に封じられていた、地獄門を開く鍵の少女アシュラが復活し、裏高野の退魔士・孔雀とチベット密教僧・コンチェが開門阻止のために立ち上がる物語。チベットや日本の密教の神秘的でおどろおどろしい世界観に初めて接して、自分の世界が広がるのを感じました。アシュラを操る妖女、羅我の変身シーンは、小さい子が見たらトラウマになりますね。顔が二つに割れてそこが口になって。CDではなく模型のコマ撮りもあり不自然な動きもあるけど、そこにはある種のリアル感がある。かっこよくて、邪悪で、容赦ない。デザインした人は天才ですね。ヒンドゥー教神の転生である羅我と裏高野の十二神将の戦闘シーンには、宗教を超えたリアルな躍動感があります。
 光線銃などの科学の力ではなく、密教の法力や呪術で敵を調伏するのも新鮮でした。「臥兵闘者皆陳烈在前」と九字を切るのもその一つのフックターです。1980年代後半は、霊的なものを扱う「キョンシー」や「帝都物語」も流行し、世紀末に向かう妙な高揚感があった気がします。
 自分の作品にも、極彩色の色使いや、多数の顔や手がある造形など密教の要素を取り入れたものがあります。イラストは映画の世界観に沿って、チベット密教の忿怒尊、ヴァジュラバイラヴァを描きました。
         (聞き手・安藤麻里子)
河内遥さん  (漫画家) 
「ギター弾きの恋」(1999年) 
 心地いい距離の人物描写    ←クリック
で予告編
  中学の頃から追いかけ始めたウディ・アレン作品の中でもシンプルな物語でする。舞台は1930年代の米国。抜群の腕を持ちながら、女遊びの激しい自堕落な生活を送るジャズギタリスト、エメットのドタバタ劇がテンポ良く進みます。彼は休日に浜辺で口のきけないハッティと出会い、付き合うように。でも衝撃的に他の女性と結婚し、純愛をつかみ損ねる切ないラブストーリです。
 三日月形の舞台装置にエメットが乗って登場するコミカルなシーンなど、登場人物を俯瞰するような距離感がいい。キャラクターの感情の描き方が漫画的で分かりやすく、滑稽でいびつな、いい意味での底意地の悪さにぐっとひかれます。
 口が悪く、ゴミだめのネズミを銃で撃つしようもない趣味があるエメットは、身近にいたら嫌なタイプだけど、遠目で見てるなら魅力的の塊。ハッティは、しゃべらないぶん感情がむきだしで伝わってきます。いつも食べ物をパクパク食べているけど、エメットのギターの音色にうっとりしてちょっと手が止まったり、ふくれ面でそっぽを向いたりするキュートさが好き。
 情けなさと美しさが紙一重だなと感じる場面が多くあります。老若男女の聴衆がエメットの腕前に感動する描写には、音楽で人の心を動かせると信じる監督のロマンチックさが表れていてうれしくなる。ひんな天才的な才能を与えられたエメットだから、余計にラストシーンはつらい。しょうもなさとがっかりな感じ、美しいと思う気持ち、複数の感情を絶妙なあんばいで感じて、ずっと繰り返し見ちゃう映画です
        。(聞き手・上江洲仁美)
 (令和元年)2019.12.16(月) 朝日新聞夕刊