調布駅前広場 漂流郵便局 日本平夢テラス 阪堺電車 屋根伝う サピエル記念館
天空の近未来   焼却場  シワガラの滝      
 
 差し込む陽光が、緑の岩盤と白い滝のコントラストを浮かび上がらせていた。兵庫県新温泉町の「シワガラの滝」は、洞窟の中からしか見えない不思議な瀧だ。高さ約10メートル。おおきくはないが、ドーム状の洞窟には轟音が満ち、細かいしぶきでひんやり感じる。
 島根県との県境近くにある上山高原一帯では、年間約2千ミリを超える降水が深い峡谷を形作る。周辺のガイドや体験学習などを通じて都市部との交流活動を担うNPO法人「上山高原エコミュージアム」の馬場正男事務局長(69)は、「2本の渓谷とその支流合わせて、100以上の滝があります」。
 シワガラの滝は小又川渓谷にあり、以前は修験道の修行の場で女人禁制だった。僧が滝に打たれる姿から、「しばかれる」が変化し、その名がついたとも伝わる。「知る人ぞ知る瀧」だつたが、近年雑誌で紹介されたり、バスツアーもてきたりして人気になった。
 車道から歩いて40分ほど、。トチノキやミズキが生える斜面を、鎖やロープを使って下り   


   きらめく流水 洞窟に響く涼
    る。川の中の石を渡ったり、ふくらはぎまで川に浸したりして進む。山歩きの服装と、長靴かマリンシューズが必要だ。倒木を使った橋もあり、冒険気分を味わえる。着生植物のイワタバコやコケに彩られて緑色の壁のようになつた岩が見えてきたら、あと少し。水音が大きくなっ 
 てくると、岩の隙間に滝が見えてくる。

  ● ● ● ● ● ●

  一帯は高級和牛「但馬牛」の産地でもある。血統の管理に加え、放牧地となる草原の管理など評価されて2019年、日
 本農業遺産に認定された。火入れや草刈りによって保たれたススキ草原には、絶滅危惧種のイヌワシも現れる。険しい地形に加え、ブナなど豊かな広葉樹林も残る。豊かな自然と人の営みに磨かれた水を集め、滝音は今日も響く。      (文・杉浦奈美、 写真・矢木隆晴)
^平成2年8月15日 朝日新聞夕刊より