イラン危機拡大の構図 安倍政権の首脳外 核戦争まで 後先考えぬ 香港・新疆 覇権の衰退 米・イラン危機の彼方  米大統領選
パンデミック コロナで変わる世界  元国防長官 対中国政策
 大統領選挙は、トランプへの不信任投票だつた。
 まだ一部の開票が残され、次期大統領が就任する来年1月まで間があるが、トランプが大統領に留任する可能性は小さい。全国の得票ではバンデンに550万票も離され、激戦州ペンシルベニアはもちろん手作業による再集計の続くジョージア州でも万を超える票差がある。2000年大統領選挙におけるゴアとブッシュのフロリアにおける票差537とは比較にならない。トランプはソーシャルメディアで選挙の不正を訴えているがそれを支える証拠は乏しく、選挙結果が覆る見込みはない。
 それでもトランプ支持派は首都ワシントンで11月14日に大規模な集会を開き、選挙不正を訴えた。トランプがかったと信じ込むその人なりの理由があるのだろう。たとえばそれが人の自分をだます能力を示すものでしかないとしても、である。

      ▼   ▼   ▼

 日本でも、バンデンよりトラン
プの方が日本国民の利益にかなうという主張が広がている。バンデンでは中国を抑えることができない、何をするか分からないトランプが必要だという議論だ。
 その背景にはオバマ前政権の中国政策は、協力を強めることで中国の制作を変えるという。クリントン大統領時代の関与政策に通じるアプローチを取った。南シナ海から尖閣諸島に及ぶ中国の力の拡大が生まれてのはオバマ外交のためだ、その時代に戻ってはならないという判断がそこから生まれる。
 さて、そうだろうか。
 トランブ政権のもとで日米豪にインドを加えち4ヵ国の連携が進み、今年11月には合同軍事演習も行った。とはいえ南紗・西紗諸島における中国の拠点確保は一貫して続き、軍事戦略が変わった形跡は見られない。
 貿易への関税引き上げを手段として圧力を加えたために世界貿易への懸念を生み出し、日韓中とASEAN(東南アジア諸国連合)10ヵ国などがこのたび結んだRCEP(地域的包括経済連携)へ
国際連携へ転換のとき
の道を開いた。他方、ウイグル族への人権弾圧や香港における国家安全法施工後の強権発動などについては、この政権の関心は乏しかった。
 現在の中国が国内で独裁を強め、国外では軍事覇権に走ることを私は悲しむ。だが、トランプ政権の対中強硬は、中国における独裁と覇権への傾斜を強めてしまつたとも考える。
 ではどうすればよいのか。19年7月、「中国は敵ではない」と題するトランプ大統領とぎかいへの書簡が、賛同する数多くの研究者と実務家の名前とともにワシントン・ポスト紙に掲載された。現在の中国政府による人権弾圧や攻撃的外交政策を批判しつつアメリカ政府の対中政策は情勢をさらに悪化させるものだと指摘し、必要なのは経済と安全保障において目的を共有する諸国との堅固な連携だと訴えている。賛成だ。

     ▼   ▼   ▼

  国際政治の分析は希望的観測に走ってはならない。門戸を開けば中国が変わる。圧力を加えたならば中国が怯むなどという期待は、自分が行動すれば相手が変わるという希望の裏返しに過ぎない。必要なのは、中国の現実を見据え、何は受け入れることができないか明確に認識し、相手の行動が短期間には変わらない可能性も想定しつつアメリカを含む世界各国が共同して中国に向く合うことだ。
 その国際連携は軍事協力を伴うとし
てもあくまで防衛と抑止に留め、緊張をエスカレートしてはならない。また中国が国際協力と国際体制のなかで活動を模索するときにも、ただ歓迎するのではなく国際体制の原則や規範の尊守を中国に求めなければならない。
 このように書くと机上の空論のように響くかもしれないが、実は日本政府もそのような行動を取って来たのである。PCWPは、TPP(環太平洋経済連携協定)よりもやや緩い条件の下で中国を含むアジアの貿易化を図る試みだった。その過程では中国政府との微妙な折衝が続いていたことがうかがわれる。それでもRCEを中国主導の合意と貶めることは誤りだろう。日本だけでなくASEAN諸国と韓国も含む多国間秩序だ。
 大統領就任後のバンデンはトランプの下で著しく弱体化したNATO(北大西洋条約機構)の再結束とロシア政策の転換などヨーロッパに力を注がなければならないだろう。だが、日本に必要なのはバンデン勝利への失望や新政権への警戒ではない。必要なのは、バンデン新政権が国際体制を通じた中国政策への転換を進めるべくアメリカに働きかけることである。一面的な対中強硬政策への期待から離脱すべき時が訪れている。
       (国際政治学者)
  ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんがお亡くなりになった。豪快な人柄と、ニュートリノ文学の開祖として知られている。とても残念だ。
 鉱山の地下1キロに5階建ビル相当の穴を掘り、水のタンクを造って何が起きるのを何年でも待つ。この突拍子もない構想で大穴を当てた。
 目的は陽子が宇宙年齢の1兆番の1億倍で壊れるものを見ることだったが、一向に見つからない。大失敗だ。だが検出の感度を上げていくと、違うものが見えて来た。太陽からニュートリノが大量に届くことを世界で初めて証明し、 小柴さん「運は準備できた者のみ」
太陽が光る仕組みが解明された。
 感度が十分上がったのは定年の2カ月前。このわずかな期間のど真ん中の1987年2月23日
に、1世紀に1度しか起きない超新星爆発が起きた。銀河系の外で大きな星が生涯の最後に大爆発して大量のニュートリノを放出し、そのうち11個を観測したのだ。これで私たち体が「星のかけら」でできていることがはっきりした
 運がいいですね、というと真っ
になって怒る。運は準備してできた者にしかこない。という。準備ができたのがたった1カ月前だったことは不問にしておこう。間に合ったのだから
 小柴さんはそれまでは加速器を使った素粒子の実験をしていた。しかし定年を控えて、若い頃に考えていた水のタンクの実験をどうしてもしたくなった。そのための光の検出器は、以前のものの6倍以上も大きい。この無理難題を浜松ホスニクスの書馬輝雄全社長に持ち込み、開発コストは回収できないところまで値切ったという。
 梶田隆章さんへのリーベル賞となったニュートリノ振動の発も、日本の物理学を世界レベルに高めた功績は間違いない。心からお悔やみ申し上げたい。
       (素粒子物理学者)
 (令和2)2020.11.20日(金)    朝日新聞夕刊