イラン危機拡大の構図 安倍政権の首脳外 核戦争まで 後先考えぬ 香港・新疆 覇権の衰退 米・イラン危機の彼方  米大統領選
パンデミック コロナで変わる世界   元国防長官          
  アメリカ大統領選挙の火蓋が切られた。既にアイオア州党員集会とニューハンブシャ州予備選挙が終わり、これからネバダ州予備選挙を経て、15の州・準州が同時に予備選挙を行う3月3日のスーバーチューズデーを迎えることになる。
 共和党候補は現職のトランプ氏となる可能性が高いが、先が見えないのが民主党の候補である。20人を超える候補が乱立するなか当初優位と目されたのはバイデン前副大統領だつたが、アイオワで4位、ニューハンブシャでは5位に終わり、勢いを盛り返す可能性はあるとしても最有力候補ではなくなった。
 低迷するバイデン氏の対極で支持を伸ばしたのがサンダーズ上院議員である。アイオワではブティジェッジ・サウスペンド前市長とほぼ並び、ニューハンプシャでは首位、全国世論調査の平均でもバイデン氏と替わって首位となつた(2月4日~11日 RearPolitcs)。
 トランプ氏より高齢の78歳という年齢もさることながら、民主
社会主義を標榜してきたサンダース氏の立場は、民主党政治家の主流から外れたものだ。。ヒラリー・クリントン元国務長官と民主党候補を争った2016年大統領選挙においても、高等教育の無償化を主張し、環太平洋経済連携協定(TPP)を批判するなど、オバマ政権と明らかに異なる政策を掲げていた。

  ■   ■   ■
    
 前回大統領選挙のあと、民主党では左派が台頭した。18年の中間選挙ではメディアの人気を集めたオカシコルテス下院議員を初めとした民主党主流よりも左に位置する新人議員が当選し、民主党主流への対抗を強めたのである。それまで大統領の弾劾に賛成しなかったペロシ下院議長が、弾劾決議に踏み切った背景にはウクライナ疑惑に加えて左派議員の台頭があつた。
 4年前にトランプ氏が共和党候補となつた時の共和党も、14年中間選挙で急増した右派新人議員と主流派の対立に引き裂かれてい
 加速する左右の分極化
た。その結果、主流派そのものというべきジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事への指示が低迷するなか、生徒亜政治とはそれまでかかわりのなかったトランプ候補が共和党を乗っ取るかのような勝利を収めてのである。
 現在の民主党は、4年前の共和党と似た立場に立たされている。民主党主流のヒラリー・クリントン氏が大統領選挙で敗れた後、中道・穏健派はさらに力を弱め、2期にわたって副大統領を務めたバイデン氏が伸び悩む。サンダーズ氏の台頭は、民主党の弱まり表裏の関係に立つていると言ってよい。

    ■   ■   ■

 20年大統領選挙は、本来なら民主党に和売りとなるはずだつた。トランプ大統領の支持率は平均して45%を下回る一方で不支持は50%を超えているにも見られるように、トランプ政権の基盤は弱いからだ。だが、支持率40%を割ることが少ないことにも注意いすべきだろう。支持率は低くても固定客はあんていしているのである(Real Clear Politics)。
 大統領となったあとのトランプ氏は、等は支持の不明確な中道の支持ではなく、もともとトランプ支持の固い層の確保に動いてきた。それていえばサンダース氏も中道系を共和党からとり戻すことではなく、民主党左派の票を確保することと若年層の北起こしに力を注いでいる。
関わりにおいてシリア内戦はイランとロシアという軍事的には弱い側が勝った戦争であり、武力において勝るさうじ、イスラエル、そしてアメリカにはイランを軍事的に圧倒する誘惑が残ってしまう。
 ホルムズ海峡安全運航の保障などの言葉を聞くと、かつてのイラン・イラク戦争におけるタンカー戦争を思い出さずにはいられない。結局タンカー戦争に米軍は介入するが、イランの抑制には効果が乏しかった。既にイランも核合意から部分的に離脱し、低濃縮ウランの貯蔵量が合意の定める条件を超えようとている、イランの核開発が全面的に再開される危機なかで、現在のように限定された紛争が中東規模の戦争は発展する危険は無視できない。
 このたびの安倍首相によるイラン訪問がアメリカとイランの緊張緩和に成功したとはいえない。トランプ大統領のメッセージを届けるだけであればイラン指導部の譲歩を得ることができないことも明らかだろう。だが、サウジとイスラエルだけに頼る中東政策にアメリカが陥り、いらんへの武力行使に流されてゆく状況を放置してはならない。外交の安倍を誇るのであれば、日本はさらにイランとの緊張緩和のイニシアチブをとる責任がある。
        (国際政治学者)
天皇制テーマにグループ展 
 美術家・岡本三博 京都店
  既成の言葉やデザインの意味を組み替え、表現の自由を世間に問うてきた美術家・岡本光博。主宰する京都のギャラリーで、天皇制をテーマに自ら企画・収集したグループ展を開いている。
 出展したあいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」を巡る一連の問題の後、韓国・済州島を訪れた岡本。複数の監視カメラが見張る中、公園にある「平
和の少女像むの左肩から3Dスキヤンで型取りした小鳥のブロンズ像は、抑圧された表現の自由を体現するようにかごに閉じ込められている。
 新作「キンつぎ」は、高級ブランドのロゴを引用した「バッタもん」などでオリジナルとコピーの関係を考えてきた岡本作品の延長線上にある。二つのサッカーボールのような球体は、公共空間に設置された信楽焼のタヌキの睾丸部分を型取りし、本物と同じ釉薬や製法を使って再現した陶片を、金継の技法でつないだ。戦後の昭和天皇訪問をきっかけに「タヌキの里」が一躍有名になった逸話を下敷きに、金継と「世継ぎ」の言葉遊びで転機を抜く。
 同じく「代替わり」を扱った小泉明朗の映像作品はよりシリアスだ。特撮ヒーロードラマの爆発や炎上の場面を突き合わせた映像に、平成の「即位礼正殿の儀」の中継音声が重なる。  
 鉄板から顔面をたたきだす藤井健仁の「鉄仮面」シリーズからは、岡本が選んだ「まさに昭和・平成」な2人の人物が並ぶ。
 「天覧美術/ART woth Enoeror」展は京都東山区のKUNST ARZT(http://www,kunstarzt,com/)で31日まで。 
 (令和2)2020.2.22日(土)    朝日新聞夕刊