No1   芥川賞 浅田次郎 角田光代 木内昇 李龍徳 吉村満壱
 
世代間の摩擦 幕末の世でも 
 
  ちりも積もれば山となれば、あとはたのむ、と課題を先送り。結局、つけを払わされたのは若い世代―。これ、現代日本の話ではない。作家の浅田次郎さんが新刊『大名倒産』(文芸春秋)でえがくのは幕末だ。物語のベースにあるという世代間の摩擦は、現代の私たちも身につまされる。
 時は文久2(1862)年。家督を継ぐはずだった兄が急逝し、幼少のみぎりは足軽の子として育てられてきた21歳の小西朗がいきなり大名となった。シンデレラボーイと思いきや、うまい話には裏がある。
 藩には25万両もの膨大な借金が積み上がっていた。「武将は金銭になどかかわってはならなぬ」と先祖代々みな金勘定に疎いまま過ごしてきた。父親である隠居した先代も、長にわたつて藩主の座にありながら、何らその状況を変えることはなかった。いまは、小四郎の切腹と引き換えに前代未聞の「計画倒産」を、ひそかにもくろむ。小四郎は、幼なじみらと共に必死に知恵を絞って、財政再建の手掛かりを探す。
 町人文化が全盛期を迎えた文化文久(1804~30)生まれは、「たぶん先代のようなお気楽おやじばっかりだつた。それこそ空白の50年をつくってなんの改革もしなかった」と浅田  



  積み重なった借金・・若い世代につけ
さん。対して、小四郎たちの世代は「黒船が来た後だから危機感があるんだよ。徳川の幕末史を丁寧に読んでいくと、ああいう親子関係はありだよ」
 まげこそ結っていないものの、世代間の価値観の違いや対立は、記者(1992年生まれ)も折にふれて感じてきた。団塊、バブル、ロスジャネ、ゆとの・・。経済成長が鈍り分け合う果実が減るなか、分断の感覚はますます増している。先輩の思い出話を聞いても、どこか別世界のようで、分かり合うことをいつしかあきらめた。
 1951年生まれの浅田さんは、先代に似ているという。「僕の世代はスーパージェネレーションといっていい。゛んぜな苦労していない。高度成長まっただ中よ。就職先もおそらく選び放題」、一方、若い世代については「世代が下がれば開放的になるかというと、そんなことはない。今の世の中、若い人たちが保守的になつている。当面食うものには困らないし、現状に満足している人が大多数だから」。
 困り果てた小四郎たちを影ながら手助けするのは、貧乏神や七福神だ。人には見えないけれども、彼らの加護なしに物語は
進まない。格差広がる現代には、私たちを救う神仏はもはやいないのか。「実体がわからないだけに、想像させてくれるのが、神様仏様か、一番良いところ、僕が明日あたり心臓でぽっくり死んだら、たたりだ、となるわけでしょ。『大名倒産』が100万部売れておお金持ちになっても、ご利益ということになる」
 本書の冒頭で、浅田さんが振り返るのは、自身の幼い頃の記憶だ。近所に住んでいた老人は、江戸時代の生まれだつた。ボーナス払いなどの習慣にも、月々のほかに年3回に分けて支給された「切米」で盆暮れの支払いを済ませた江戸時代の武士の給与体系の名残を見る。
 都城の際、畳の縁に手をついたか否か。江戸時代のお殿様がそんな些末な作法に神経をとがらせるのは,太平の世が続いて積もりの積もって「繁文縟礼」にがんじがらめになっているからだ。お中元やお歳暮など、現代に受け継がれた「繁文縟礼」もまだまだありそうだ。「たぶん僕らは他にも気がつかないところでいまだに江戸時代をやっている。半分くらい江戸時代の延長にいきているんです」
        (奥野優平)
 (令和2年)2020.2.23日(日)   朝日新聞夕刊