No1   芥川賞 浅田次郎 角田光代 木内昇 李龍徳 吉村満壱
ヘイト 真正面から描く 
李龍徳さん『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』 
 李龍徳さんの『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(河出書房新社)き、在日韓国人へのヘイトを真正面から扱った長編小説だ。大阪府在住の在日韓国人3世はこう言う。「ヘイト花盛りの現代に生きていて、在日であり、作家である。書かざるを得なかった。時代に書かされた感じである。
 「排外主義者たちの夢はかなった」という衝撃的な一文で物語は始まる。近未来の日本で、初の女性首相は「嫌韓」で支持を集め、特別永住者制度の廃止やヘイトピーチをなくす法律の排外政策を進める。「在日狩り」「愛国無罪」という言葉が乱れ飛ぶ。
 「在日の生保(生活保護)は廃止しろとかネットのコメント欄に書き込まれている。はいはいその夢かなえましょう、かなえたらどうなるかお見せしましょう、と皮肉を込めて夢という言葉を使いました」
 悪質な書き込みは嫌でも目に入る。「そこから養分取らないと」と少し笑って、言葉は再び厳しくなる。「韓国系のニュースは平和な記事でも芸能でもヘイトがついてくる。  



  大阪の在日3世「時代に書かされた」
うんざりする。僕の中でそれが積み重なっていく。なぜ規制しないのか。何もしないでいるあなたたちの手持ちで汚れているよと思っています」
 韓国人の父と日本人の母を持つ柏木太一は、在日韓国人の生存権を守るため、ひそかに計画を立てている。武闘派の尹信はアメリカ育ち。かつての仲間、朴梨花は日本を捨てて韓国に渡った。妹をヘイトクライムで殺された金泰守。在日韓国人の多様な登場人物にそれぞれの想いを吐き出させてゆく。「身近に在日の人がいなければ彼らが何を考えているか具体的にわからないかもしれない。十把一絡げに見ると陰謀諭や恐怖心が生まれてくる。帰化するしかないか、なぜしないか、いろいろな考えがある。様々な在日韓国人の姿を見せたかった」
 物語は圧倒的な迫力を持って絶望へと突き進む。「差別はなしならない。人類の永遠のテーマです。物語で安易な道を選んではいけない。生きている限り、闘いなのだから」
 2014年に文芸賞を受けたデビュー作『死にたくなったら電話して』(河出書房新社)が
高く評価された。死のにおいの強い、救いのない、しかし強度のある物語を発表してきた。「僕の小説は絶対暗いんですけど、風通しはよくしたい」。小説が好きだから、物語の突破力を信じている。「書店にはこの本をヘイト本の隣においてほしいと思っているんですよ。冗談半分、本気半分。売り上げのために、どうしてもヘイト本を置かざるを得ないのなら、とりあえず面白いからって一緒に並べてください。間違って手に取っていただいてそれで構わないから」
      (中村真理子) 
 (令和2年)2020.4.8日(水)   朝日新聞夕刊