佐伯一麦 北条裕子  安西真冬&倉橋健一  上野千鶴子  柴崎友香  野谷文昭  森絵都 
 本屋探見  倉橋健一  山田詠美&川上未英子         
異なる世代 人生への共感
 住み心地のいい一軒家の離れに暮らす春子は39歳。実家を出て10年む、ひとり暮らしに満足している。仕事をして、たまに女友達と会い、休日には趣味の「消しゴムはんこ」を彫る。そこへ、母屋に住む高齢の大屋さんが亡くなり、長女で63歳のゆかりの義理の姪 紗季も住んでいて、新婚で25歳の紗季は早く子どもが欲しいと焦っている、
 「自分が40歳に入って、時代的にも世代的にも上と下の両方を見渡せれようになつた。たとえば、インターネットがない時代と、ある時代とか」。今の30代前半は景気の良かった頃の感覚を知らず、逆に上の時代には、若者の切実さが伝わらないことも。「私が生きてきたあいだ、日本の社会はすごく変化が激しかった。移り変わりを見てきたなかで、何かしら自分に書けることがあるんじゃないかと思ってんです」
 生きてきた時代環境の違いが価値観の違いとなり。そのずれが三者三葉の生きづらさにつながつていく、
  今年でデビュー20周年を迎えた芥川賞作家の柴崎友香さんが、新刊『持ち遠し』(毎日新聞出版)をだした。日常のささやかな風景を積み重ねて描くのは、世帯も価値観も異なる女性3人の、どこかちぐはぐなご近所付き合い。分かり合えない誰かと、それでも一緒に生きていくとは、とういうことなのか。
 だが、本音をぶつけ合うような殺伐した展開にはならない、紗希に心のない言葉をかけられても「春子はあいての価値観が違うとか、自分が正しいっていいたいわれではなくて、何でそう思うのか、とういうふうに考えているのかを知りたいっていう気持ちの方が大きい。小節自体も、そういうものとして書きたかった」とはなす。
 「現実だとなかなか付き合いづらい人も、小説の中でだつたら一緒に時間を過ごせる
隣の家でなんか揉めてんな、ぐらいの感じい゛読んで貰えたら」
 本作は、美大出身OLの日々をつづった『フルタイムライフ』(河出文庫)、アラサー女性3人の視点で描く『紅色と幸福』(ちくま文庫〉と並び,「誰にてもよくあるような
  変化した社会 書けることあるかと
 ことだけて書こう」シリーズの一作でもあるという。「ビッグイベントだけに注目していると見落としてしまうようなことでも、人生に大きな影響を与えることがある。それは十分、書き買い゛かあることだと思います」
 小説でもエッセーでも言葉にしにくい日常の感覚を書くことが多い。そう水を向けると、「普段の生活で言葉になのないけど気になるようなことが、私はずっと気になるんですよ。意識的にしているとかでなくて、癖ですね」と笑って。
 それは『持ち通遠しい』でも、〈電車が地下から地上に出るときの感じが、春子は好きだ〉といった、ふとした1行にあらわれる。
 「言葉にしたいというよりは、なんで気になるのかを考えたい。考えるのはやっぱり言葉言葉だから、それが書くことにつながつていくのです」
 だから、読者の共感を得るためだけに書くわけではない。「だれかと共通点を探して〇が多かったら、というのが共感だとは、私は思わないんですね」そうした共感が支えになってくれることもある。でも。
 「答え合わせをするような共感ではなくて、自分以外の人の人生を想像するような共感もあるんじゃないか。自分とは違うんだけど気持ちがわかる気がするとか、気になって、構ってしまいたくなるみたいな、そういう小説が書ければいいなと思っています」
  本体1300円   (山崎聰)
 2019(令和)7.10日(水)   朝日新聞夕刊