佐伯一麦 北条裕子  安西真冬&倉橋健一  上野千鶴子  柴崎友香  野谷文昭  森絵都 
 本屋探見            
 
  京阪電車の神宮丸太町駅を降りて、鴨川を渡ってすぐの路地裏に誠光社はある。店主の堀部篤史さん(42)が2015年、個性派書店として全国にファンがいる京都市の恵文社は一乗寺店から独立して回転させた。小さな店が掲
掲げるのは、本屋の新しい姿を提案する「ささやかな実験」だ。
 堀部さんは大学在学中の1996年、アルバイトで恵文社一乗寺店に入った。いきなり本棚を一つ任され「無手勝流で、自分のほしいポップカ 
 


カルチャー好きへ 出会い生む棚 
  ルチャーの本だけを仕入れ並べていました」。インターネットの黎明期、個性的な棚が評判を呼んで有名店に。02年には店長になつたが、増床し、スタッフを増やすなかで息苦しく感じた。
 「売り上げのために利幅のいい雑貨を増やせば、次第に雑貨によって店が支えられるようになつていく。そうならず、カルチャーが好きな一握りのお客さんを相手に、持続して商売をするにはどうしたらいいのか」。誠光社は、その問いへの挑戦でもある。
 店は19坪のワンフロア、2階が住居で、基本的には夫婦で切り回す。大手の取次店とは契約せず、出版社との直 
  取引で利幅を降らした。年1~2冊は自社で出版し、利幅率の高い商品として長く売る。「本屋の設計であると同時に、生活の設計でもあるんです」
 暖色の明かりに照らされた本の並びは順不同。思いがれない出会いが待っている。「受動と能動のあいだ」(堀部さん)をぜひ、体験してみて
        (山崎聰) 
 ホッパーの絵と響き合う物語
「短編画廊」訳者3人がトークイベント 
 米国の映画家エドワード・ホッパーの絵に想を得て文豪たちが競作した『短編画廊 絵から生まれた17の物語』(ハーパーコリンズ・ジャパン)が刊行された。絵と物語を一緒に楽しめるこの本を企画したのはミステリーの大御所ローレンス・ブロック。彼の作品を田口俊樹さん。スティーヴン・キングを白石明さん、ジェフリー・ディーヴァーを池田真紀子さんが、敬愛の念を込めて翻訳した。
 刊行を記念して東京・銀座の「銀座 蔦屋書店」で6月、田口、白石、池田の3氏によるトークイベントが開かれた。「80歳を超えたブロックさんの短編の中でも、収録の「オートマっとの秋」はベスト3に入る」と田口さん
は絶賛。米国で流行した自動販売方式のダイナーを舞台に、訳者好みの貧しいく品の良いヒロインが巻き起こす事件。その鮮やかさと余情がホッパーの絵と響き合う。
 キングの「音楽室」は、夫婦の穏やかな会話からダークな真相がじゆじわと迫ってくる。白石さんは「絵の題材になど、ちょっと縛りを付けることで味が出てくる」と語る。
 「路線沿いのホテル」の絵から手紙形式の物語をつくつたのはディーヴァー。失態を演じたソ連の大佐の苦しい釈明を訳した池田さんは、翻訳の面白さを趣味の写真と重ねる。
 「マニュアルでピントを合わせると、自分だけに見える世界が浮かび上
 がつてくる。原文を読んだ段階ではぼやけている小説の世界も、日本語に直すうちにだんだんピンとが合ってくるのが楽しい」
 絵の解釈をがらりと変えてしまう、物語の逸品ぞろい。読者もぜひ絵から物語を考えてみてほしいと訳者たちは勧めている。
                (藤崎昭子)
  音楽家・坂本龍一氏の父が編集者だつたと聞けば、意外に思う人もいるのではないか。三島由紀夫『仮面の告白』、野間宏『真空地帯』など幾多の名作・大作を世に送り出した人物である。大正10(1921)年生まれで、学徒動員により出征し、復員後25歳で河出書房に入社。60歳で引退するまで出版に携わった。
 『伝説の編集者』は元部下だつた女性編集者の手に成る伝記である。カバーに写る『文藝』編集長時代の坂本一亀は、細面で眼光鋭く、古武士のごとき風貌、「今日中ニコノ原稿ヲ読ム!」「読ンダラ感想ヲ付ケテ出ス!」などと軍人風の口調で命ずる、強面の上司だつたようだ
 描かれる挿話から作家に対しも妥協せぬ厳しさがうかがえるが、其ればかりと思うと間違い 中央公論新社 並木 光晴さん    先人の情熱を受け継ぐ
   で、ロマンチストで、私心を持たず、涙もろくもあったという。編集者の一つの理想と言っては言い過ぎだろうか。
 本書を読んだ頃はもはや駆け出しではなかったが、それでも感銘を受けた。坂本一亀ほど多くの作家に書き記され、語られた人は稀で、そうした回想が随所に紹介され、趣味が尽きなかった。時代が違うといえ、ここまで編集に情熱を傾けた先人がいたのかと、身が引き締まる思いがした。
 努力家だつた坂本は、寸暇を惜しんで同人誌を読みふけるなど、新人の発掘に余念がなかったという。遠く仰ぎ見る我が身にできることがあるとすれば、それは、可能性を秘めた書き手に作品発表の機会を提供し続けること、その努力を怠らないことだと思う。 
 2019(令和)8.1(木)   朝日新聞夕刊