次代の栞  時代の栞②             
異聞かで自分を解放する楽しさ
        作家      柴田翔さん(84)
 小田実とは1970年から3年続いた同人誌「人間として」で知り合って、すぐに気楽に「小田、柴田」と呼び合うようになりました。頭の回転の速さは抜群。口調は「南限みなチョボチョワ゛や」で、それぞれで口先だけの嘘には聞こえなかった。
 「何でも見てやろう」には、運と自分の力を信じて自由にアメリカその他の国々を闊歩して行く若々しい著者の魅力が溢れています。大阪で空襲の焼け跡や闇市を歩く小田少年―。そういう時代の風景も透けて見えます。
 本の後半、日欧米園の話には入ると様子が変わる。当時のアラブ連合の盟主エジプトのナセル大統領の評価など、あの頭脳明晰な小田にしてなお混乱している印象です。しかし、インドの路上で過ごした一夜を記す時、小田は裸の小田に戻る。日本のインテリで彼ののみが書ける文章だと敬服します。
 私は小田とは反対の出不精タイプですが、62年秋から2年間ドイツに留学して学生寮でいろいろな国の学生と一緒に暮らすうちに、何か自分が自由になつた気がしますね。世界には日々あれこれあって、その事情は自分なりに分かるようになって―。みたいな感じで、今、海外との行き来は簡単になっていますが、それでも育った環境とは違う世界に身を置き、今までの枠の外へ自分を解放する楽しさは「何でも見てやろう」の頃と少しも変わらないと思います。
 何でも見てやろう  1961年 小田実 ▼▼海外旅する若者 
         戦後日本がまだ貧しく、海外への旅が難しかった約60年前。1日1ドルの貧乏旅行で西欧や中東、アジアなど計22ヵ国を回った若者がいた。後にベトナム反戦運動に身を投じる彼の人生に大きな影響を与えたその度の記録は、今も読み継がれる。経済成長を経て海外旅行は身近になつたが、島国から海の向こうを目指す価値は変わらないだろう。

   ●   ●

 何でも見てやろう―。1958年に米ハーバード大学に留学した作家・小田実は、そんな方針を定めて帰      
世界の懐にはいり日本を考える
国までの2年間で観光地からトイレ、スラム街まで歩き回った。人種差別が激しい米国南部にも足を運び、一時はソ連などき旧東側諸国にも渡ろうとした。
 帰国後の61年、旅の方針を書名にとった旅行記を出した。記者の手元にあるのは同11月の「110版」。2月から連日のように刷りを重ねた。いま手に入る講談社文庫も79年以来、46刷り、計16万5千部と読み継がれている。  
 海外旅行は戦後社会の変遷を映す。当初は一部の仕事や留学に限られていたが、小田の旅から間もない64年に海外渡航が自由化され、団体旅行が盛んに。
 日本人出国者数は72年に年100万人を超え、90年には1千万人に達した。バブル崩壊後はバックパッカー人気が社会現象になつた。
   旅行作家の下川裕治さん(65)は「小田さんは後の格安世界一人旅のはしり。数十年たつて時代が追い付いた」とみる。他の文化人や特派員より低い視線も魅力だといい「真正面からどんどん吸収して考える感じが、いま読み返しても面白い」。そしてこう、うらやむ。「旅した本人が一番面白かったはず」
 玄順恵さんは夫の小田に「人生の同行者(フェロー・トラベラー)と呼ばれ、よく旅に同行した。日程も費用も全て自力で調べ、計画を立てる。豪州では先住民族に「おまえは何族か」と訊かれるほど相手の懐に入り込んだ。「絶えず虫の目と鳥の目を行き来し、戦後日本の存在意義を考え続けた」
 ベトナム戦争に米国が本格介入した65年、後の「ベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)」が結成され、小田は代表に。幅広い海外の人脈を生かし、脱走米兵を支援した。
 ベ平連結成に加わった作家の小中陽太郎さん(84)は「小田さんの英語は鎹の相手によく通じた、いわば『何でもいってやろう』。発音よりも議論力だつた」と振り返る。「侵略する米国とは闘ったが、自由で民主的な米国は最後まで好きだったと思う」。その原点は20代の旅のあった。

    ●    ●  
  海外への旅は、小田の時代より格段に容易になつた。昨年の日本人出国者は、のべ1895万人で過去最多だ。
 観光学者の井出明・金沢大学准教授は、小田の本にトラブルの記述が少ない点に注目する。何でも見てやろうと物騒な所も巡ったはずだ。運が良かったのか、災難に遭っても大したこととは思わなかったのか。「いま若者が海外で事件に巻き込まれたら『自己責任』とたたかれる。若気の至りに寛容な社会のほうが海外で挑戦しやすいはず」
 2000年代には若者の出国律が一時下がり、若者の海外離れが叫ばれたこともあったが、今は回復基調にある。留学のための奨学金や単位交換の制度が整い、留学先は多様化しているという。
 JTB藏合研究所の早野陽子・主任研究員が指摘するのは、海外への旅に積極的な層とそうでない層の「二極化」。同研究所の推計では、20~24歳の女性の昨年の出国率はのべ4割に達する。韓国や台湾など、「安定短」主体だが「勉強や社会貢献など国際情勢に左右されない」という。
 「そうでない」若者にとって、海外は関心の外になったのか。家にいてネットで情報を得られ、旅先でもいつでも「つながる」時代。海外は「近く」なつたが、孤独にに思索を深めるぶらぶら旅は難しくなった。
        (大内悟史)
 (令和元年)2019.8.12日    朝日新聞夕刊