No1 一律10万円 リニア中央新幹線
 ホー先生 新型コロナウイルス対策として、政府が一律10万円を配り始めたけど、家族の分もあわせて所帯主にましめて支給するしくみに評判が悪いね。なにが問題なんじゃ?
 A 世帯主に渡しても、配偶者にわる家庭内暴力(DV)や虐待なとの事情で住民票と異なる場所で暮らす人が受け取れないおそれがあるんだ。政府は届け出    
 DV被害者に届かぬ恐れや、夫や父親が勝手に使う例も
れば別の住所で受け取れる特例をつくつたけど、批判はそれだけじゃない。 
 ホ どういうことじゃ?
 A ツイッターでは「#世帯主ではなく個人に給付して」が広がっている「夫が自分の給付金と勘違いしている」「自分の給付金なのに夫に渡してと言うのは苦痛」などの訴えが多いよ。
 ホ 東日本大震災の時も
問題になったんだって?
 A 震災後に配った弔慰金でも「夫や父親が勝手に使い道を決めた」といった問題があった。国内で2人以上で暮らす3491万世帯うち、87%が男性の世帯主で、女性の世帯主は13%だ「世帯主の配偶者」が男性である割合は1%のに対し、女性は99%だ。世帯主への一括支給は女性12
に不利だとして、女性団体などが改善を求めてきた。
 ホ そもそも世帯主ってどんな仕組みなの??
 A 法律に明確な定めはないが、総務省によると世帯主は「主として生計を維持し、世帯を代表すると社会通念上認められる者」を指す。戸主が家族を統率・支配する「家制度」は戦後廃止されたけど、いまでも世帯単位で運用されている制度はたくさんあるんだ。
 ホ これからは個人単位で配るべきなのかな?
 A 世帯単位の仕組みが続けば、男女の経済格差はさらに広がりかねない。国連女性機関(UN Womon)は3月、現金給付をするなら世帯単位ではなく、個人を対象とするよう各国に提言しているよ。(岡林佐和)
 2020.5.28(木)    朝日新聞朝刊