小松和彦さん 日文研所長を退任
 妖怪研究はアカデミズムのせかいでは長く俗信とされ、異端のテーマとみられてきた。小松さんが「エポックメイキングだった」と振り返るのが1994年だった。
 94年には、京極夏彦さんの百鬼夜行シリーズ第1弾「姑獲鳥の夏」や、夢枕幕さんの小説「陰陽師」を岡野玲子さんがコミック化はた単行本第1巻が刊行されたほか、スタジオジブリ 

   妖怪研究の第一人者として知られる国際日本文化研究センター(日文研)の小松和彦所長(72)が、3月末に退任した。1997年に日文研に着任以来、多彩な研究を牽引してきた。「妖怪博士」に、この四半世紀で妖怪研究が学問のせかいでどう化けたのかについて聞いた
 の映画「平成狸合戦ぽんぽこ」も公開された。その年に小松さんが刊行したのが「妖怪学新考」だった。「絵巻からカッパ巻きまで、美術史や国文学、芸能史、民俗学、生活文化とどんな領域にも妖怪はいます。ならばいろんな分野の人が集まって妖怪文化として研究しようという呼びかけでした」
 大阪大学から日文研に移った97年から共同研究「日本における怪異・怪談文化の成立と変遷に関する国際的研究」を皮切りに、「怪異・妖怪文化の伝統と創造」など四つの共同研究を主宰してきた。各分野で肩身の狭い思いをしてきた研究者たちが、ようやく妖怪について語れる場所ができた」
 苦心したのが妖怪の定義。暫定的に考えたのが「祭祀されていない状態にある神霊」だつた。「神社などにまつられ、コントロールされて霊魂を神、まつられず災いをもたらす霊を妖怪と考えるとうまく整理された」
 研究を通じて見えてきてのは日本の妖怪文化の奥深さと多様さだつた。「果てしないくらいたくさんの名前・種類があるし、絵画資料も吐出して多い
  
  世界に誇るべき文化です」
 共同研究の成果は「日本妖怪学大全」や「日本怪異妖怪大事典」などの書籍に結集した。各地の妖怪関連の伝承約3万5千件を集めた怪異・妖怪伝承データベースや、絵巻などの画像4千点以上を収録した画像データベースも公開している。
 こうした成果を反映した一般向けの書籍が書店にに並び、各地で開かれる妖怪展に多くの人がつめかけるようになつた。マンガやアニメ、小説などの大衆文化でも活用されている。「世界でも、横文字でYOKAIとして流通するようになつた」と感慨深げだ。
 平安~鎌倉時代はじめにはもののけや怪異話が説話集などで語られ。室町から江戸時代初めには御伽草子が編纂され、百鬼夜行絵巻が多く描かれた。江戸中期には娯楽の面が強まり、後期になると東海道四谷怪談や妖怪画が人気になつた。「先が見えない時代に、人々が抱く不安や恐れが投影されるのです」
 たとえば、日本では疫病を鬼で表現する伝統がある。「目に見えないもの、よくわからないし新しい現象に名前をつけ、絵にすることでコントロールした気になり、安心できる」今回の新型コロナウイルスの流行でウイルスの画像がメディアに非常によく登場するのも、こうした文化的側面があるとみる。
 退任後は、妖怪から少し距離を置き、妖怪学の総説、概論を時間をかけて練り上げるつもりだ。「妖怪の向こうに人間学。日本の文化や日本人の心のありよう。将来への分析などができる視野の広い研究者がでてくると、妖怪研究は強力な文明批評諭になるし、あたらしい文化をつくっていく資源になると思う」
       (聞き手・久保智祥)
 ふたをあけたら
なにもはいっていなかった
からっぽなら
なにをいれてもいいのか
それともみえないなにかが
もうはいっているのか

ふたをとじても
からっぽはきえない
なにもないからっぽはある
 はこのなかのからっぽは
そとのからっぽにつあじている
からっぽはおそろしい

からっぽに
なにかいれなければ!
なくしてしまったもの
ほしいのにもってないもの
みたことないもの
どこにもないもの
  たにかわ・しゅんたろう 1931年生まれ。52年、詩集『二十億年の孤独』でデビュー。近刊に『声で楽しむ美しい日本の詩』(岩波文庫)、谷川さんの盟友で詩人・故大岡信さんと90年に刊行した共著を文庫化したもので、日本の古典和歌から近・現代詩までの名作を見渡せる。
谷川さん、大岡そんによる作品解説も掲載
 令和2年4.7  朝日新聞