ありそうでなかった父親向け育児雑誌・・と紹介しようと思ったら、もう54号だという、季刊でからもう10年以上前から出ていたことになる。知らなかった。
 とにかくコンセプトが素晴らしい。父親ももっと子育てに参加しよう、という掛け声だけはあちこちから聞こえるけれど、なかなか浸透しない。そんな社会問題にスタテリッシュに挑む。
 子育て雑誌でありながら表紙に子どもを使わず、かっこいい著名人を登場させるのは、たぶん正解だ。赤ちゃんの笑顔全開の育児雑誌はなんだか自分の世界を全部捨てて育児に没頭しないといけないように思われて、躊躇してしまうのだ。仕事や自分の世界と育児は両立できると、この表紙は暗に語っているのだろう。
 中身が一瞬カタログ雑誌っぽく見えるのも。男心をくすぐる戦略かもしれない。最新ベビーカーフェクトガイドという特集では、写真がかっこよすぎてちょっと笑ってしまったが、実際問題。巻末のベビーカー名鑑、抱っこひも名鑑、チャイルドシート名鑑とともにかなり役立つ
  「FQJAPAN」乳の子育てスタイリッシュに
 気がする。
 一般の育児雑誌に比べると子育てに関する実情報が少なく、掘り下げもあっさりしている点は母親から見れば物足りないだろう。それでも読んでみるとさらりといいことが書いてある。
 「自己肯定感を育む"ほめ術"とは?」という記事には膝を打った。子どもの写真を飾るとすごい効用があるという。仲睦まじい家庭写真や自分が頑張っている姿を子ども自身が見ることで、自己肯定感がアップするそうだ。さらに写真を見ながら褒めると、叱る回数も激減。親の自己肯定まで上がったといった報告もある。
 そう簡単にいくかなと思われそうだが、実はこれ私も経験がある。子どもが小さい頃、写真を撮りまくっては壁に貼ったり
2005年創刊、アクセスインターナショナル発光、年4回(3,6,9,12月の原則1日)。520円、2万部。フリーマガジン版もFQはFathar(父)とQuarterir(季刊誌)から。初めのパパに向けた育児情報誌「父親スイッチをオンにして育児リテラシーを高める」と編集部   親バカ全開のアルバムを作ったりしていたら、子どもが良くそれを見ていたのだ。子どもとの会話ときっかけにもなつた。自分を肯定していたのかどうかはわからないにしても、愛されていることは伝わったんじゃないかと思う。
 「はじめての育児でありがちなミス」も面白。「家をキレイニ保とうと頑張りすぎること」や「ベビーグッズの買い過ぎ」など、おおいに身に覚えが・・。このネタ、もっと読んでみたい。
 子育ては心配事も苦労も多いけれど、楽しもうと思えばどんどん楽しくなる。父親が参加しなのは、どう考えても損なのであった。
     (エッセイスト)
日本史研究の中でもコアなファンが多いと言われる古代史。近年の目ざましい研究の進展がもたらした。その精緻な「面白さ」を多くの人に伝えたいと創刊された、岩波書店の『シリーズ 古代史をひらく』(吉村武彦・吉川真司・川尻秋生、全6冊)が好評だ。
 各巻はテーマ別に構成。昨年春に「前方後円墳」が初めて配本され、「古代の都」「古代寺院」と続いて、今年3月の「渡米系移住民」が最新刊。学界の中堅どころ以上が中心となって執筆しているが、アジア史研究の最新の動向を反映してか、各冊に1~2人の外国人研究者が加わる。
 内容は、マニアックでかつ刺激的だ。たとえば「前方後円墳」をテーマにした巻では、韓国・釜山大の申敬澈名誉教授が「加耶の情勢変動と倭」と題し、朝鮮半島ち日本列島の古墳を比較するが、論考の後半は日韓の古墳の年代観が両国の研究者間でなぜずれるのかという議論に費やされる。     
古代史の面白さ最新研究で
日韓古墳比較・地域交流・・岩波のシリーズ 
  また「渡米系移住民」を扱った巻では、韓国・慶北大の朴天秀教授が「古代の朝鮮半島と日本列島」と題して、両地域の゛政治勢力がどの時代にどのような資源を求めて地域間交易が行われてきたかを、最新の研究成果に基づき徐述する。いずれも一般向けの内容というより、学術論文のダイジェストといった趣だが、新しい視点を提示している。
 また、シリーズを俯瞰すると、古代史の研究者や考古学者のほかに文学・日本語学・美術史・建築史などの専門家の名前が目立つ。これも学際的・複合的研究を反映した結果とみる。
 残る2冊は「文学とことば」「国風文化」。論じられ続けてきたともいえる、この二つのテーマが最新の研究でどのように料理されるのかが、楽しみだ。
  (編集委員・宮代栄一)
 
  とてつもない巨大な悪意がふつてきたのだな、というのは分かる。その悪意がどのようなものなのかももう少し深く理解したい。そういう意図をもって、こうの史代さんに、ヒロシマの話(=原爆の話)を原稿依頼した。彼女は心の機敏が描け、広島の出身でもある。2002年頃だ。描いたことの内重いテーマということもあり、長い逡巡の後に引き受けたこうのさんは、悩み苦しみネームを書き上げた。それを読みながら私は長い編集生活で初めて涙を流した。
 すごい作品を生み出してくれた達成感があった。それが『夕凪の街 桜の国』という一冊、こうのさんは描ていて辛かった。怖かったと心情を吐露している。










双葉社  染谷 誠さん  
邪悪さにぶつけた誠実 
  さらにこうのさんは06年『この世界に片隅に』の構想をスタートさせた。広島市から海軍の都市。呉へと嫁いだ女性、すずの物語だ。漫画アクション誌に、07年、つまり平成19年1月から約2年間連載された。昭和19,20年の読者に季節・月も合わせて読ませる。そこに起こる臨場感をこうのさんは何よりも大事にした。やはり描き続けることに辛さを伴ったと言う。物語が展開していく中での登場人物たちの生死や心身の傷は作者にとって架空のものではない。
 戦争という人為の最も邪悪な事象に、私はこうのさんの誠実さをぶつれてみたかつた。それは編集者のエゴだつたかも、という半生は今もある。
 
  ◇そめや・まこと 61年生まれ 担当漫画に「大阪ハムレット」「神童」など
令和2(2020.4.10)    朝日新聞