郷冨佐子  国分高史  駒野剛 稲垣康介   原直人    吉原桂子 高橋純子  原直人 
 新型コロナウイルスのパンデミックが止まらない。米国では1日当たりの新規感染者が20万人を超え、欧州もいったん解除した都市封鎖を再発動している。
 約100年前、今以上の大流行が世界を脅かした。スペイン風邪という新型インフルエンザにより、諸説あるが世界で250万人から4千万人、日本も植民地を除く本土だけで45万人の命が奪われたという。
 1918年から20年までの流行で、同時期に闘われた第1次大戦の死者、約1千万人をはるかに上回り大災厄となったのだ。
 22年、内務省衛生局が刊行した「流行性感冒」は、この感染症の特徴を「本病の一度流行するや老幼、貴賤の別なく之を侵し、土地の遠近を問わず迅速に蔓延して種々の社会事情を生ずる」と書いている。
 事実、感染に貴賤の別はなかつた。18年10月末、「平民宰相」と呼ば  
 100年前の災厄 世界史すら変えたパンデミック 
 新型コロナウイルスは、短期の混乱にとどまらず、その後の世界史すら変えた、という指摘がある。
 18年1月、米国のウィルソン大統領は平和14原則と呼ばれる教書を発表した。外交の公開、軍縮縮小、そして諸国家の政治的独立や領土保全の相互保証のための組織、国際連盟の結成を呼びかけた。力の均衡という旧来の安全保障の枠を超えて、相互信頼に基づく公平な運営により、悲惨かな戦争を繰り返さない決意がこめられている。
 ウィルソンは、戦勝国、敗戦国が怨讐から離れるべきだと考え、仏英が強く求めた独立から賠償金取り立ても反対だつた。
 19年3月、講和条約を話し合う首脳会談に臨むため、ウィルソンはパリに入った。





 
れた原敬が、初代首相伊藤博文の墓参りの後、インフルエンザを発症した。さらに当時の皇太子、当時の皇太子、つまり昭和天皇ゆ秩父宮ら皇族、元老山形有朋も感染し、回復した原らが対応に鵜右往左往した記録記録が残つている。
当時のパリはインフルエンザが流行し、「まるで我々の周りには何百万もののどに悪さをするばい菌がうようよしている」と米代表団の一員が書き残すほどだつた。
 1カ月ほどの会談で米仏が鋭く対立した。クレマンソーム仏首相は、独が二度と立ち上がれないような措置を求め、ロイド・ジョウジ英首相も、゛「独皇帝を絞首刑に、独から賠償を」といった国民感情を背景に、この会談の場にやってきた。
 大詰めの4月3日、ウィルソンに魔の手が襲いかかり39・4度の高熱を発し会談を離脱。結局、賠償金は1320億金マルク。当時の独の国民総所得の約2.5倍という膨大なもので、国民の困窮を招き、復讐心がナチス台頭のきっかけになった。
 パンデミックの実相を記した「史上最悪のインフルエンザ」の著者アルフレッド・Wクロスビーは、「インフルエンザの被害に遭った人々のうちで最も痛ましい道をどつたのは『戦争というすべての戦争をなくし、人類を高いモラルを持つ新たなレベルまで引き上げようとする任務』に自ら着手した
  こうした歴史が示す宰相の判断の重さを思うと、前政権も菅義偉首相も危機感が乏しくないか。3カ月前、私は当欄で「流行中『GO TO トラベルキャンペーン』を実施した。感染症抑制に逆効果という人の移動を税金を投じ後押しする」と疑問を呈した。事態はどうなったか。
 経済と感染症予防の両立と言うが、感染症を抑え込まねば流行を繰り返し、その度に経済は混乱する悪循環に陥るだけだ。
 菅氏は危機に迅速かつ適切に対処してきたと自負した。しかし歴史の経験に学ばない政治は、所詮、傲慢を超えて愚行というしかない。この冬の終わりは遠そうだ。   この男であった」と述べ、ウイルソンの悲劇が、その後の第2次大戦の悲劇に連なっていくことを静かに暗示する。 
 2020.12.15 朝日新聞夕刊より