郷冨佐子  国分高史  駒野剛  稲垣康介  原直人  吉原桂子 高橋純子  原直人 
 「中国からきた留学生の友人がいる。仲良しだけど、国どうしの関係は歴史や外交やいろいろある。どんなふうに向きあい、話したらよいでしようか    銀杏並木が色づくころ、母校岡山大学を訪ねた。今夏まで万国を拠点に3年半で20ヵ国以上を取材経験を、法学部の学生たちにお話しする機会をいただいた。新型コロナ対策でオンライン講義が多く、キャンバスは静まり返っていた。
 参加者は黒髪直純・法学部長のゼミ生を中心に20人弱に絞られ、マスク姿で斜めに離れて座っている。窓も扉も大きく開かれている。私は透明な樹脂製のついたてを隔ててた立った。留学をあきらめたり、切り上げて帰ってきたりした学生もいた。
 貴重な体面の時間を受け持つかと思うと緊張した。中国の世界での動向と、各国の対中感情の揺れについて話した。  
 中国人への言葉 大学生が抱いた胸のちくちく 
 ひととおり話し終えた後、質問をくれた。法学部2年生の北風あみさん(20)
 「まず自分のことや日本ことを良く知り、語れるようになるといいなと思います」。そう答えて、付け加えた。「議論はけんかじゃない。対立しても、、もっと仲良くなれる機会になるかもしれない」
 「友人」が気になつた。きくと、江蘇省出身の2歳上の女性だ。外国語の授業で知り合った。アニメ「名探偵コナン」か好きで、日本にあこがれていた。卒業後の帰国を約束し、渋る両親を説得して来日。図書館でアルバイトし、何でも一人で解決していく彼女を、北風さんは尊敬している。
 府チリで並んで歩いた時のことだ。「おまえ、そんなことしたら中国人みたいじゃん」。誰かのマナーの悪さを中国人に例える大きな声が聞こえた。隣の彼女は知らんぷりして前を見てた。自らの行動とは関係ないのに、こんな言葉を日常的にあびているのだろうか。胸がちくちくした。
 自宅に招くと、中国に良い以下賞を持っていなかった家族も「かわいいねえ」と喜んだ。祖母はお土産にお赤飯を渡した。「国は国、人は人って割り切って考える人が増えているといいなあ、、と家族で話しました」
 日本人の対中感情は世界最悪といえ
る。
 米国の調査機関ビュー・リサーチセンターによると、コロナ過を機に欧米でも中国を好ましく思わない割合が急増したといえ、日本は以前から高かつた。内閣府の調査によれば、反日デモがおきた2000年代半ばから、半数以上が知友国に親しみを感じない傾向が定着した。この10年は7割以上で高止まりしている。
 経済規模は日本の2倍近くに達し、大国化する中国は軍拡や領土問題で野心を隠さない。長年の歴史問題をめぐり対立も解けない。中国内では強権で少数者を弾圧する傾向が顕著だ。好きになれないが、引っ越せない。そんな間柄が続いている。
 「日本人は中国への好奇心が消え、政治の対立によって中国全体を恐れてしまっている印象です」。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」や「現代中国の父 鄧小平」の著書て20日に亡くなったハーバード大学名誉教授のエズラ・ボーゲルさんは日中関係を案じていた。4年ほど前にことだ。
 日本人にとって中国人は、コロナ過で往来か減ったとしても身近な存在である。たとえば日本に留学ピザで滞在する中国人は12万
 
 この母訪問時もお正月も、私は岡山の実家には戻らない。80代の両親は「コロナが落ち着くまで」と東京からの帰省を拒んだ。代わりに休耕地で育てたカボチャなど野菜が届いた。いろんな事がこれまでと違って、たいへんな一年だつた。皆様、どうか良い年を、遠くの人に想いを寄せ、傍いる人を大切にしながら。   人。全体の4割を占める。北風さんが偉大だねのちくちくを共有する人もまた、少なくないはずだ。想像力と好奇心を持って、隣人に向き合いたい。 
 2020.12.27 朝日新聞夕刊より