嵐圭史 スパコン 五郎丸            
 
 築き上げた「ラクビー人生観」
五郎丸歩選手 海外でも経験重ね
    「海外の文化に触れ、自分のラクビー人生観みたいなものを変えていきたいんですよね」
 2006年の春、彼はまだ20歳だつた。
 今季限りでの現役引退を発表したラクビー元日本代表FB五郎丸歩選手(34)=ヤマハ発動機=が早大3年生だつた時、単独インタビューで話してくれた言葉だった。若いのに視野が広いんだな、と驚かされたのを覚えている。

 15年ワールドカップ(W杯)。「スポーツ史上最大の番狂わせ」と呼ばれた南アフリカ戦の勝利。独特のルーティンから繰り出される正確なゴールキックは改めて振り返るまでもない。
 最後にロングインタビューしたのは、W杯日本大会開幕の1年前、18年の夏だつた。
 本場の豪州、フランスへの移籍を実現させ、ヤマハに戻っていた。プレーそのものよりも、各国で触れた選手とファンの関係性、応援スタイルといった話の方が盛り上がった。
 「豪州では有名な選手が家族と街中を歩いていても、周りは声もかけず、そっとしておく。リスペクトというか、ラクビーと一緒に歩んできたという地域の歴史があるんでしょうね」
 フランスはにぎやか。試合の日は朝から市民バンドの
で楽しみ尽くしていた」 
 海外では、スポーツが、『生活になくてはならない文化』だつた。日本もそうなればいい」
 様々な経験を重ね、確かに、この人だけの「ラクビー人生観」をつくり上げていた。あと1シーズン、選手人生を全うしていたら、新しい形で日本のスポーツ界に貢献してくれるのではないかと思っている
    2020.12.16  朝日新聞
 テヘラン中心部で反米デモがあると聞き、現場へと急いだ。11月下旬、この国の核科学学者モフセン・ファフリザデ氏が銃撃によって暗殺された翌日のことだ。
 イランはこの事件にイスラエルが関与したとして非難し、イスラエルと関係が深い米国にも疑いの目が向けられていた。デモの現場では、イラン政府が米国に強い姿勢を取るよう求めて市民らが声を上げていた。
 「米国に死を!イスラエルに報復を!」国会前で米国とイスラエルの国旗が燃やされると、炎とともに参加者の興奮はさらに高まった。支局に帰ってテレビニュースをつけると、今度は国会の議場で「米国は死を!」と叫ぶ議員たちの様子が飛び込んできた。
 拳を振り上げているのは、国会の多数を占める反米保守議員たちだ。ただ、もちろん   
 小さな声拾い真の「民意」伝えたい
 イラン「反米」狙いは保守議員の支持集めか  
、全ての国民がこうした論調を支持しているわけではない。ただ、こんな場面ばかり見ていると、イラン全体が「反米一色」なのだという錯覚についつい陥りそうになる。
 「強硬派の狙いは、国益ではなく自派の利益だ。米国への強気な姿勢は国民の一定の支持を集めるからだ」。元のベテラン記者はそう説明する。
 今月初めには、イランの核開発の実態を見えにくくする法律が成立した。来年9月に大統領選を控え、強硬派の言動はさらに過激化する。対話を拒み、国際社会での孤立を招く姿勢が、イランの国益になるとは思えない。
 一方で、イラン国内には、米国との静かな対話を望む声ももちろん存在している。だが、強い組織力と勢
 いを持つ強硬派とは異なり、こうした「地味」な声はなかなか出てこない。
 むしろ声を上げられない面もある昨年11月、ガソリン価格の値上げに抗議する大規模なデモが起きた際には、批判がイスラム体制にまで及び、政府がインターネットを遮断。当局側によるとみられる発砲で多数の死傷者も出た。30代の主婦は「不満を言えば、命が危険にさらされる」と声を落とす。
 真の「民意」は何か。それを伝えるには、小さな声に耳を澄ます取材が欠かせない。勇ましく声を上げるデモや国会の様子をみながら胸に刻んだ。
  2020.12.23     朝日新聞より